店舗型と無店舗の違いやメリット・デメリットについて分かりやすく説明しています。

MENU

店舗型と無店舗型の違い

夜の遊びをする場合には、大きく分けて店舗型無店舗型に分かれます。

 

こういった風俗店の呼称は分かりにくく定義を感違いしている人や、選び方が分からないという人も多いと思います。

 

それぞれの違いやメリット・デメリットをしっかり理解しておくとよいでしょう。

 

 

店舗型とは

店舗を構え、その中にはサービスするスペースも兼ね備えているのが一般的な店舗型です。
学校の近くでは出店できない。などの制約も多いため、主要都市の一部の地域に集中して出店する傾向があります。

 

これを俗に言う風俗街と表現されています。

店舗型には種類がたくさんある

一部地域によって、呼び方は変わりますが店舗型にはいくつかの種類にジャンル分けしています。
全国的に浸透しているお店とサービス内容について説明していきます。

 

ヘルス

風俗の一番スタンダートな形とも言われています。ヘルスのポイントはシャワーを浴びるという行為がある事。そして原則は口か素股でのフィニッシュとなります。
最近では取締の影響で少なくなってきましたが、一部ヘルスでも最後までサービスを行うのを標準化している所もあります。

 

ソープ

ソープとなる一番のポイントはシャワーだけではなく、お風呂(湯船に浸かる)も一緒に入る事です。
最近ではソープは本番も行われるのが一般的になっているようです。
ヘルスよりも料金は高くなります。

 

マット

一般的にはソープのオプションという定義になっている事が多いです。
マットとローションを利用したプレイを楽しめるお店の事を言います。
一部ヘルスでもマットサービスを行っている所や、ソープだとベットとマットの両方が用意されていて選べるケースがあります。

 

ピンサロ

口でサービスを行ってくれます。
一般的にはシャワーはなく、おしぼりとアルコールのみで消毒をし、個室ではないのが一般的です。料金はヘルスに比べても大幅に安くなる場合があります。
一般的には指入れまではOKです

 

おっパブ

その名の通りおっぱいを触る事ができるお店。
通常は普通にお酒を飲み、一定の時間になるとショータイムが流れ、その時間におっぱいで遊ぶ事ができます。
フィニッシュする事はできず、飲み屋の延長に近い形となっています。

 

その他の風俗店

最近では、風俗店の種類も多様化していて、さまざまな種類のサービスを行う店舗があります。一例を紹介すると、手コキ専門店、アナル専門店、自慰行為を見せ合うお店。などがあります。

 

 

無店舗型とは

その名の通り、店舗を持たない出張専門の風俗店です。

 

店舗型の多様な店舗展開があるのとは違い、無店舗型はヘルスのみとなっています。

 

よく聞くデリヘルという言葉はデリバリーヘルスの略で、無店舗型の総称という定義にもなっています。

 

ごく一部のお店ではホテヘルと言い、店舗で女の子を選んだり、代金の支払いを済ませ、その後提携ホテルに行き、後から女の子がやってくる通称ホテヘルというサービスもあります。

 

サービス内容は、場所がホテルや自宅に移る以外はヘルスと同じですが、お店やコースによっては、お風呂にも入るソープのようなサービスを受けたり、ヘルスよりも簡略化されたサービスが行われている事もあります。

 

 

店舗型と無店舗型のメリット・デメリット

 

料金

店舗型

店舗運営費などのコストもかかるので料金は高め。
サービス内容や料金形態が店舗ことで違うので、予算に合わせて遊ぶ事もできます。

 

無店舗型

送りスタッフなどのコストもありますが、全体的に店舗型よりかは安めです。
ただしホテル代や出張費がかかる場合があるので総額ではあまり変わらない事が多いです。

 

風俗街ではデリヘル向けの格安ホテルが用意されていたり、自宅や宿泊先のホテルに呼べばホテル代を節約できる場合もあります。

 

 

レベル

地域によって大きく分かれます。
大きい風俗街がある地域では店舗の方が質の高い子が揃っている事が多いです。

 

無店舗型が強い地域では、平均年齢がデリヘルの方が若い事も多いなど、地域によって優劣は大きく分かれます。
店舗型にも言える事ですが、無店舗型の方が写真と全然違う。といった事が多いので多少の注意は必要です。

 

 

ボッタクリのリスク

店舗型の方がリスクは大きいと言えます。
ただデリヘルでも全くボッタクリがない訳ではありません。
なるべく下調べをして信頼できそうなお店を利用しましょう。

 

 

環境

店舗型は料金にもよりますが、綺麗なお店で運営している所は少ないです。
壁が薄く音楽が漏れていたり、香水の匂いがキツい。
全体的にボロい。といった事はよくあります。
そのへん、場所を選べる無店舗型は、例えビジネスホテルであっても店舗よりかは落ち着いた雰囲気で周りを気にする事なくサービスを受けられます。